映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 動くな、死ね、甦れ!

  • 公開中

カネフスキーが生み出した伝説的傑作

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

第二次大戦直後、雪に覆われたソビエトの極東にある炭鉱町スーチャン。収容所地帯と化したこの町では、強制労働を強いられる受刑者や捕虜、職にあぶれ無気力な者、酔っ払いが溢れ、窃盗や暴力が横行していた。そんな殺伐とした空気に満ちた町に生きる12歳の少年ワレルカ。純粋無垢だが不良ぶっている彼は、学校のトイレにイースト菌をばら撒いたり、スケート靴を盗まれた仕返しにスケート板を盗み返したりと、たびたび騒動を引き起こす。そして唯一の家族である母親への反発と相まって、悪戯をエスカレートさせていく。そんなワレルカの前に、守護天使のように現れては、危機を救ってくれる幼なじみの少女ガリーヤ。 二人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、学校を退学になったワレルカが町から逃亡することで、彼らの運命はとんでもない方向へ転じていくのだった…。



■解説

第二次大戦直後、収容所地帯と化した小さな炭鉱町を舞台に、無垢すぎるがゆえに傷つく少年と少女のほとばしる感情の行方を、鮮烈かつ叙情溢れる映像で綴った一編。90年度カンヌ国際映画祭でカメラ・ドール賞を受賞し、無名のロシア人監督ヴィターリー・カネフスキーの名が一躍世界に広まった記念碑的な作品。2017年、世界の名作を上映する企画「the アートシアター」の第2弾作品としてリバイバル公開。(作品資料より)

  • 2017年10月7日 より 渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開

  • 配給:ノーム
  • 製作国:ソビエト(1989)
    • ジャンル:
    • ドラマ
上映スケジュール  (関東で1館)

■スタッフ

監督 ヴィターリー・カネフスキー (Vitali Kanevski)
脚本 ヴィターリー・カネフスキー (Vitali Kanevski)
製作 アレクセイ・プルトフ (Aleksei Purtov) ワレンチーナ・タラソフ (Valetina Tarasova)
撮影監督 ウラジミール・ブリリャコフ (Vladimir Brilyakov)
撮影 ニコライ・ラゾートキン (Nikolai Lazutkin)
美術 ユーリー・パシゴーエフ (Yuri Pashigoryev)
セット Y・ローチン (Y. Rotin)
音楽 セルゲイ・バネヴィッチ (Serguei Banevich)
録音 オクサナ・ストロギーナ (Oksana Strugina)
編集 ガリーナ・コールニローヴァ (Galina Kornilova)
衣装デザイン タチアナ・コチェルギーナ (Tatyana Kochergina) ナターリヤ・ミリアント (Natalya Milliant)
字幕 松村都 (Miyako Matsumura)
字幕監修 岡枝慎二 (Shinji Okaeda)

■キャスト

俳優名 役名
パーヴェル・ナザーロフ (Pavel Nazarov)  ワレルカ
ディナーラ・ドルカーロワ (Dinara Droukarova)  ガリーヤ
エレーナ・ポポワ (Elena Popova)  ニーナ(ワレルカの母)

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!