映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • エミリー・ローズ

実話をもとに、“悪魔の存在”に迫る法廷サスペンス

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ある日、エミリー・ローズというごく普通の女子大生が突然、激しい痙攣を起こした。何かが取り憑いているのではないかと思った彼女は、ムーア神父に悪魔祓いを頼むのだが、その甲斐なくエミリーは命を落としてしまう。果たして彼女には悪魔が取り憑いていたのか、それとも単なる病気だったのか。過失致死で起訴されたムーア神父の裁判が始まる。やがて彼は、女性弁護士・エリンにエミリーの身に起こったことを語り始めた…。



■解説

実際にアメリカで起きた事件をもとにした法廷サスペンス。最初はホラー映画の様相を呈しているが、映画の半分以上は法廷と証人の証言を回想的に表現している。エミリー・ローズは病気(精神病)だったのか、それとも悪魔に憑依されていたのか・・・。つまり、医療を拒否し悪魔祓いに専念、結果的にエミリーを死に至らしめた神父の行動は罪になるか、どうかという息詰まる論争が展開されるのだ。多分に宗教とも関わってくる“悪魔の存在”論争を正面から描いた本作が、日本でどのように迎えられるかたいへん興味深い。

  • 2006年3月11日 より 日比谷スカラ座ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 製作国:アメリカ(2005)
    • ジャンル:
    • ホラー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 スコット・デリクソン (Scott Derrickson)
脚本 スコット・デリクソン (Scott Derrickson) ポール・ハリス・ボードマン (Paul Harris Boardman)
製作総指揮 アンドレ・ラマル (Andre Lamal) テリー・マッケイ (Terry McKay) デヴィッド・マックイルヴェイン (David McIlvain) ジュリー・ヨーン (Jullie Yorn)
製作 ポール・ハリス・ボードマン (Paul Harris Boardman) トリップ・ヴィンソン (Tripp Vinson) ビュー・フリン (Beau Flynn) トム・ローゼンバーグ (Tom Rosenberg) ゲイリー・ルチェシ (Gary Lucchesi)
美術監督 デイヴィッド・ブリスビン (David Brisbin)
音楽 クリストファー・ヤング (Christopher Young)
編集 ジェフ・ベタンコート (Jeff Betancourt)
衣装デザイン ティッシュ・モナハン (Tish Monaghan)
字幕翻訳 伊原奈津子 (Natsuko Ihara)

■キャスト

俳優名 役名
ローラ・リニー (Laura Linney)  Erin Bruner
トム・ウィルキンソン (Tom Wilkinson)  Father Moore
キャンベル・スコット (Campbell Scott)  Ethan Thomas
コルム・フィオール (Colm Feore)  Karl Gunderson
ジェニファー・カーペンター (Jennifer Carpenter)  Emily Rose
メアリー・ベス・ハート (Mary Beth Hurt)  Judge Brewster
ショーレ・アグダシュルー (Shohreh Aghdashloo)  Dr. Adani
ジョシュア・クローズ (Joshua Close)  Jason
ケネス・ウェルシュ (Kenneth Welsh)  Dr. Mueller
ダンカン・フレイザー (Duncan Fraser)  Dr. Cartwright
ジェイアール・バワーン (JR Bourne)  Ray
ヘンリー・ツァーニー (Henry Czerny)  Dr. Briggs

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!