• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『METライブビューイング/プッチーニ 《ラ・ボエーム》』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • METライブビューイング/プッチーニ 《ラ・ボエーム》

「究極の愛」を描いた官能のオペラ

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ドイツ・オペラの巨匠ワーグナーがスイスに亡命中に作曲した、ドイツ・オペラ史上最高傑作と呼ばれる作品。1865年にミュンヘンで初演され、媚薬にまつわる有名なケルト伝説「トリスタンとイゾルデ」がベースとなっており、トリスタンとイゾルデが不倫の愛をまっとうし、死に行く、まさに「究極の愛」を描いた官能のオペラ。(作品資料より)



■解説



  • 配給:-
  • 製作国:−(2008)
    • ジャンル:
    • その他

■スタッフ

演出 フランコ・ゼフィレッリ (Franco Zeffirelli)
指揮 ステファーノ・ランザーニ (Stefano Ranzani)

■キャスト

俳優名 役名
ヴィットーリオ・グリゴーロ   ロドルフォ
クリスティーヌ・オポライス (クリスティーヌ・オポライス)  ミミ
スザンナ・フィリップス   ムゼッタ
マッシモ・カヴァレッティ (Massimo Cavalletti)  マルチェッロ
パトリック・カルフィッツィ   ショナール
オレン・グラドゥス (オレングラドゥス)  コルリーネ
ドナルド・マックスウェル   ブノア

寝ても覚めても









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!