• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

  • 公開中

ナチス最重要戦犯の逮捕に貢献した検事の話

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1950年代後半のフランクフルト。検事長のフリッツ・バウアーはナチスの戦争犯罪者の告発に執念を燃やしていたが、社会の中枢には多くの元ナチス党員が復帰しており、彼の行動を阻んでいた。ある日、南米のアルゼンチンから、ユダヤ人を強制収容所に送った親衛隊中佐アイヒマンが潜伏しているとの告発の手紙が届く。バウアーはアイヒマンを法廷で裁くため、国家反逆罪と知りながらその情報をイスラエルの諜報機関モサドに流す。



■解説

アイヒマンは数百万人のユダヤ人を絶滅収容所に送り、殺害した責任者だった。裁判では「命令に従っただけ」と言ったが、アイヒマンが積極的に、しかも効率よく“仕事”をしなければ、もっと被害は少なかったという。1961年のアイヒマン裁判は世界に大きな衝撃を与え、本作はその逮捕のきっかけとなった、モサドへの情報提供を行ったドイツの検事バウアーを描いたものだ。ユダヤ系ドイツ人だったバウアーは、ナチス政権下では海外に亡命したため命を失う事はなかったが、多くの友人たちを失ったはずだ。未来のドイツを憂い、正義と信念を貫くバウアーだが、その人間臭い面も描いているのがいい。また、バウアーへの圧力をサスペンスタッチで描き、エンタテイメントとしても楽しめる良質な作品になっている。

  • 2017年1月7日 より Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて

  • 配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
  • 製作国:ドイツ(2015)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督
脚本 オリヴィエ・グエズ (オリヴィエ・グエズ)

■キャスト

俳優名 役名
ブルクハルト・クラウスナー (Burghart Klausner)  Fritz Bauer
ロナルト・ツェアフェルト (Ronald Zehrfeld)  Karl Angermann
  Victoria
  Paul Gebhardt
セバスチャン・ブロムベルグ (Sebastian Blomberg)  Ulrich Kreidler

J:COMで最新映画の関連作品を見る!









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!