映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ナチス第三の男

  • R-15
  • 公開中

“金髪の野獣”vs. 亡命レジスタンスの攻防

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1930年ドイツ。女性問題で海軍を不名誉除隊になったラインハルト・ハイドリヒは、熱烈なナチス党支持者で貴族のリナと婚約する。親衛隊(SS)を率いるヒムラーに気に入られたハイドリヒは、冷徹な諜報活動で頭角を現し、やがて国家保安本部(RSHA)の長官の座に登りつめ、保護領チェコスロバキアに副総督として赴任する。亡命チェコ政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヤン・クビシュとヨゼフ・ガブチークら若者を送り込む。



■解説

600万人を超すユダヤ人大量虐殺の首謀者ラインハルト・ハイドリヒは、ヒトラー、ヒムラーに次ぐ“ナチス第三の男”として権勢を振るったが、第二次世界大戦の終結を待たずに殺害された唯一のナチス最高幹部だ。ゴンクール賞最優秀新人賞に輝いたローラン・ビネの世界的ベストセラー「HHhHプラハ、1942年」をフランスの新鋭監督セドリック・ヒメネスが大胆に映像化した本作。コンプレックスを抱え激昂しやすいハイドリヒを完璧に演じたのは『ターミネーター:新起動/ジェネシス』のジェイソン・クラーク。『不屈の男 アンブロークン』のジャック・オコンネル、『シング・ストリート 未来のうた』のジャック・レイナーも決死の暗殺部隊を好演。

  • 2019年1月25日 より TOHOシネマズ シャンテほか全国にて順次公開

  • 配給:アスミック・エース
  • 製作国:フランス=イギリス=ベルギー(2017)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 セドリック・ヒメネス

■キャスト

俳優名 役名
ジェイソン・クラーク 
ロザムンド・パイク 
ジャック・オコンネル 
ジャック・レイナー 
ミア・ワシコウスカ 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!