• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『くるみ割り人形』

  • 公開中

世界中で愛される冬の風物詩。

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

手品師で発明家のドロッセルマイヤーは、王室でねずみをやっつける罠を発明したが、ねずみの女王は復讐のために彼の甥ハンス・ピーターに呪いをかけ、くるみ割り人形の姿に変えてしまった。呪いを解くためには、くるみ割り人形がねずみの王様を倒し、そして外見に関わらず彼を愛してくれる娘が現れなければならない。シュタルバウム家のクリスマス・パーティに招かれたドロッセルマイヤーは、この家の娘クララにくるみ割り人形を贈る。夜中に目覚めたクララは、ドロッセルマイヤーによって魔法の世界に招かれ、ねずみの王様とおもちゃの兵隊たちの戦いを目撃する。クララの助けによりねずみの王様が倒され、くるみ割り人形の魔法が解かれてハンス・ピーターの姿に戻る。クララとハンス・ピーターは雪の王国へと旅し、さらにドロッセルマイヤーに導かれてお菓子の国へ行き、金平糖の精や王子に出会う。クララの勇敢さによって救われたとハンス・ピーターは金平糖の精に伝え、ドロッセルマイヤーはお礼として美しく賑やかな祝宴を二人に贈る。夢から醒めたクララは外に出ると、見覚えのある若者とすれ違う。ドロッセルマイヤーの部屋に、ハンス・ピーターが元の姿で帰ってきた。



■解説

冬の風物詩として大人から子供まで世界中で大人気の「くるみ割り人形」。チャイコフスキーの美しいメロディに乗せて、夢と魔法がいっぱいつまったこの作品。クラシック・バレエの粋である華やかなパ・ド・ドゥやキラキラした群舞に加え、真夜中に大きくなるクリスマス・ツリー、ねずみの王様との戦い、超絶技巧のキャラクターダンスとバレエの楽しさが揃っている。ロイヤル・オペラハウス・シネマシーズンではおなじみの「くるみ割り人形」だが今回は出演者を一新。クララには愛らしい新星アナ・ローズ・オサリヴァン、ハンス・ピーターにはゴムまりのような跳躍力とテクニックを誇る若手マルセリーノ・サンベ。光り輝く金平糖の精と王子を、ロイヤル・バレエを代表する世界的スター、マリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフが演じる。(作品資料より)

  • 2019年2月1日 より TOHOシネマズ日比谷ほか全国にて

  • 配給:東宝東和
  • 製作国:イギリス(2018)
    • ジャンル:
    • その他
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

振付 ピーター・ライト
指揮 バリー・ワーズワース

■キャスト

俳優名 役名
ギャリー・エイヴィス 
アナ・ローズ・オサリヴァン 
マルセリーノ・サンベ 
マリアネラ・ヌニェス 
ワディム・ムンタギロフ 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!