映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ラストムービー

  • R-15
  • 公開中

D・ホッパー監督・主演による幻のカルト映画

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ペルーの山岳地帯の小さな村。ハリウッドからやってきた撮影隊が、ビリー・ザ・キッドをモデルにした西部劇を撮影している。スタントマンのカンザスは撮影隊が帰った後も村に残り、現地で知り合った地元の女性マリアと暮らし始めた。金塊探しに固執する友人ネヴィル、裕福なアメリカ人一家と知り合う一方で、カンザスは酒とドラッグに溺れていった。その頃、映画撮影に感化された村人たちは、自分たちの手で映画作りを始めていた。カンザスは現実とも幻覚ともつかない不条理な世界に入り込んでいく。



■解説

1969年の『イージー★ライダー』の監督・主演で大成功を収めたデニス・ホッパーが、全編南米のペルーでロケを行った監督2作目。しかし出来栄えに満足しなかった映画会社により、本作はほぼお蔵入りに。失望したホッパーは以降酒とドラッグに溺れ、長期の低迷期に入ってしまう。日本でも当時は公開されず、1988年にようやく初公開された。しかもDVD化はされず幻の作品となり、日本では31年ぶりの再公開となる。映画の中で、フィクションがわからない村人たちによる映画撮影が暴力的になっていく様は、薄気味悪さを感じさせる。さらに映画が進むにつれ、明快なストーリーらしきものが失われ混沌としていく様は、『イージー★ライダー』のよう。主人公だけでなく観客も幻覚なのか実際に起きている事なのかわからない。そんなカルト映画の醍醐味を、本作ではたっぷり味わえるだろう。クリス・クリストファーソンによる牧歌的な挿入歌も、ニューシネマ的でいい。

  • 2019年12月20日 より 新宿シネマカリテにて

  • 配給:コピアポア・フィルム
  • 製作国:アメリカ(1971)
    • ジャンル:
    • ドラマ
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (四国で1館)

■スタッフ

監督 デニス・ホッパー (Dennis Hopper)
脚本 スチュワート・スターン (Stewart Stern)
原案 デニス・ホッパー (Dennis Hopper) スチュワート・スターン (Stewart Stern)
製作総指揮 マイケル・グラスコフ (Michael Gruskoff)
製作 ポール・ルイス (Paul Lewis)
撮影 ラズロ・コヴァックス (Laszlo Kovacs)
音楽 クリス・クリストファーソン (Kris Kristofferson)
編集 デニス・ホッパー (Dennis Hopper)
字幕 進藤照光 (Terumitsu Shindo)

■キャスト

俳優名 役名
デニス・ホッパー (Dennis Hopper)  Kansas
ジュリー・アダムス (Julie Adams)  Mrs.Anderson
ロイ・エンゲル (Roy Engel)  Mr.Anderson
トマス・ミリアン (Tomas Milian)  Priest
ドン・ゴードン (Don Gordon)  Neville
ステラ・ガルシア (Stella Garcia)  Maria
サミュエル・フラー (Samuel Fuller)  Director
シルヴィア・ミルズ (Sylvia Miles)  Script_Girl
Dennis Stock (Dennis Stock)  Still_Man
ジム・ミッチャム (Jim Mitchum)  Art
ディーン・ストックウェル (Dean Stockwell)  Billy
ピーター・フォンダ (Peter Fonda)  Sheriff
ジョン・フィリップ・ロー (John Phillip Law)  Little Brother

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!