• 映画ナビ トップ
  • >
  • 『松竹ブロードウェイシネマ 「シラノ・ド・ベルジュラック」』 作品詳細

映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 松竹ブロードウェイシネマ 「シラノ・ド・ベルジュラック」

  • 公開中

ブロードウェイ作品を映画館で!!

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

フランス軍隊に所属し、繊細な詩を綴り、人生観・世界観を多いに語り、剣術の達人であるシラノは、気が強く美しいロクサーヌに恋心を抱いている。しかし、自分の見た目に自信が持てず告白する事が出来ない。その時、ロクサーヌが友人のクリスチャンを慕っている事を知り、美青年ではあるが勘がにぶいクリスチャンの代行で、ロクサーヌへラヴ・レターを書き続ける。そして、とうとう本当の事がロクサーヌへ伝わってしまう…。



■解説

ニューヨークのブロードウェイ作品をシリーズ公開する「松竹ブロードウェイシネマ」第4弾。エドモン・ロスタンによる戯曲であり、2007年にリチャード・ロジャース劇場で上演されたブロードウェイ再演版。プレビュー公演は10月12日から始まり、オープニングは11月1日で翌年1月6日に幕を閉じた。トニー賞作品「NINE」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」等でも有名な奇才デヴィッド・ルヴォーが演出を務めている。1897年のエドモン・ロスタン戯曲を、アントニー・バージェス(『時計じかけのオレンジ』他)が脚色・脚本翻訳した。主人公シラノ・ド・ベルジュラックをケヴィン・クラインが演じている。相手役ロクサーヌにジェニファー・ガーナーが、シラノに助けられる若者クリスチャンをダニエル・サンジャタが演じる。(作品資料より)

  • 2020年3月13日 より 東劇ほか全国にて順次公開

  • 配給:松竹
  • 製作国:アメリカ(2007)
    • ジャンル:
    • ラブ・ストーリー

■スタッフ

演出 デヴィッド・ルヴォー
原作 エドモン・ロスタン

■キャスト

俳優名 役名
ケヴィン・クライン 
ジェニファー・ガーナー 
ダニエル・サンジャタ 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!