映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 島にて

  • 公開中

離島の暮しに見出す、生きるのに本当に必要なものとは

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

山形県の酒田港から定期船で75分。日本海に浮かぶ山形県唯一の有人離島・飛島(とびしま)は、人口が140人ほどの小さな島だ。島の全域は国定公園に指定されており、豊かな自然が残されている。かつては日本海側の海の交通の要所として栄え、島民の多くは漁業や農業で生計を立ててきた。だが、そんな島も例にもれず急速な過疎と高齢化に悩まされている。島に唯一の学校・飛島小中学校には、中学3年の男子生徒がひとりだけだ。彼が最終学年を過ごす1年間をカメラが追う。



■解説

日本海の沖合に浮かぶ、山形県の離島・飛島に暮らす人びとを追う。島の主産業は漁業で、かつては1800人の島民が暮らしていたが近年は人口流出が続き、自治体の運営も厳しい状況だ。このドキュメンタリーは、高校進学のために島を出て行く中学生、漁業を営む老夫婦、かつて島から出た人や、都会から飛島にやって来た若い人たちなどを取材し、平成最後の1年間に記録した飛島の人びとの暮らしを通して、生きていくために本当に必要なものとは何かを問いかけていく。ドラマチックなことは起きない。カメラが追うのは日常だ。監督は介護福祉現場を追った『ただいま それぞれの居場所』の大宮浩一と、単身高齢者たちを追った『桜の樹の下』の田中圭。「こんな暮らしもあるんだ」という気付きを与えてくれる一作だ。

  • 2020年6月1日 より ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

  • 配給:東風
  • 製作国:日本(2019)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>

■スタッフ

監督 大宮浩一 田中圭

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!