映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ようこそ映画音響の世界へ

  • 近日公開

音のプロが語る映画のサウンドの秘密

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

映画が始まった時に音はなかったが、1927年に初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』が大ヒットしてから、映像と音は切っても切れないものになった。映画の歴史の中で、映像とともにその音響も進化していった。1970年代に入ると、コッポラ、ルーカス、スピルバーグといった若手監督たちは音響の重要性を理解し、その効果が最大限に発揮された『スター・ウォーズ』『地獄の黙示録』といった作品を生み出していく。



■解説

かなりの映画好きでも、その録音や音響に注意を払う人は少ないかもしれない。視覚に訴えかける映像美や俳優の演技、そして耳に残る映画音楽に比べると、映画の音は自然に寄り添ってくるからだ。本作は、映画における「音」の重要性について取り上げた珍しいドキュメンタリー。映画の音響効果や録音の歴史が語られ、時代を作ったエポックメイキングな作品も紹介される。『キングコング』(1933)の怪物の唸り声はどうやって作られたのか、『スター・ウォーズ』のサウンド作りに1年もかけた苦労話、『スター誕生』での劇場へのステレオ導入、『地獄の黙示録』の冒頭のヘリコプターが旋回するサラウンド、『プライベート・ライアン』での主観的音像などが当時者によって語られるのは貴重だ。そして、大勢のプロフェッショナルによって、映画が作られていることが改めてわかる。映画作りに興味がある人は必見だ。

  • 2020年8月28日 より 新宿シネマカリテほか全国にて順次公開

  • 配給:アンプラグド
  • 製作国:アメリカ(2019)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (関東で1館)

■スタッフ

監督 ミッジ・コスティン

■キャスト

俳優名 役名
ウォルター・マーチ 
ベン・バート 
ゲイリー・ライドストローム 
ジョージ・ルーカス 
スティーヴン・スピルバーグ 
デヴィッド・リンチ 
アン・リー 
ソフィア・コッポラ 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!