映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • シカゴ7裁判

  • 公開中

抗議運動で政府に起訴された男たちの裁判の実話

 

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

1968年8月、シカゴで行われた民主党大会に、大統領選に出馬する民主党大統領候補たちが集まっていた。会場近くの公園ではベトナム戦争に反対する活動家や市民団体が集まり、一部が会場に押しかけようとして警官隊と乱闘になる。事件後、民主党は敗北し、ニクソンが大統領になるが、共和党はこれを機会に反体制派を撲滅しようと、暴動を扇動した容疑でデモ参加者7人を告発する。しかし裁判は有罪ありきのものだった。



■解説

アメリカ現代史上有名な「シカゴ・セブン」裁判を、『ソーシャル・ネットワーク』や『マネー・ボール』など実話の映画化で高い実績を持つ脚本家アーロン・ソーキンが脚本だけでなく、監督も務めたNetflix作品。もともと2007年にソーキン脚本、スティープン・スピルバーグ監督で製作予定だった作品で、一度流れた後にソーキンが監督をつとめて完成。今年公開予定だったが、北米映画館の閉鎖により、Netflixでの配信公開となった。日本では一部劇場で公開されている。この時期を狙って公開されるテーマ性が高いドラマとあり、まちがいなく来年度のアカデミー賞を狙えるクオリティの作品だ。俳優たちのアンサンブルもすばらしいが、複雑な話を手際よく進めていく脚本が見事。半世紀前の出来事ながら、訴えるテーマはまさに今日のアメリカに通じるものであり、強く観客の意識に訴えかける作品だ。

■スタッフ

監督 アーロン・ソーキン

■キャスト

俳優名 役名
エディ・レッドメイン 
ジョセフ・ゴードン・レビット 
サシャ・バロン・コーエン 
マイケル・キートン 
マーク・ライランス 
ジェレミー・ストロング 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!