映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • 東京自転車節

  • 公開中

自転車配達員としての活動を記録するセルフドキュメンタリー

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京都内に緊急事態宣言が発出された2020年5月。山梨から単身上京して「ウーバーイーツ」の配達員として働くことになった青柳は、スマートフォンとGo Proで自身の活動を記録することに。友人の部屋に居候したり安いホテルを泊まり歩きながら、セルフドキュメンタリー形式で日常をスケッチする。その映像を通して、コロナ禍によって生まれた変化を観る者に問う。



■解説

近所に住む発達障害の青年を記録した『ひいくんのあるく町』(17)でデビューした青柳拓監督が、みずからの自転車配達員としての活動を全編スマートフォンとGoProで撮影。2000年5月、緊急事態宣言下の東京で「ウーバーイーツ」の配達員をしながら新宿、渋谷、池袋などの繁華街を駆け抜ける。とにかく日銭を稼ぎたい、その一心で。日に何度配達し、何時間働いせ稼ぎはいくら――の表示に、当事者のように一喜一憂してしまう。時給1000円にもならない賃金で配達をし、どんどん疲弊していく青柳の姿に、「炭坑節」の替え歌である主題歌「東京自転車節」のペーソス漂う歌詞が重なって、忘れられない印象を残す。

  • 2021年7月10日 より ポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

  • 配給:ノンデライコ
  • 製作国:日本(2021)
    • ジャンル:
    • ドキュメンタリー
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (九州で1館)

■スタッフ

監督・出演 青柳拓

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!