映画検索

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック  

作品詳細

  • ジャッリカットゥ 牛の怒り

  • 公開中

脱走した食用水牛を追いかけ、人も獣と化す

  • PLAY

■ストーリー

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

南インドのケーララ州の密林に隣接した村。肉屋の男アントニが一頭の水牛を屠ろうとすると、牛は脱走。水牛は村の商店を破壊し、追いすがる人々を振り切って密林に消えていく。夕食用の水牛肉を求める男、婚礼料理の肉を求める父親、教会の神父、農場主、警察官、隣村のならず者たちなども水牛を追うが歯が立たない。そこでかつて密売で村を追放されたクッタッチャンが呼び戻される。彼はかつて自分を密告したアントニを恨んでいた。



■解説

これはかなり衝撃的なインド映画だ。ボリウッド・エンタメ映画とはまったく異なる、異様な緊張感と見たことがないような迫力映像を見せてくれる。話はシンプル。南インドの山間のキリスト教徒の村で、食用の一頭の水牛が逃げ出す。これが、まるで魔物が乗り移ったかのように暴れて捕まらない。ただし水牛が人々を進んで襲うわけではなく、水牛を村人総出で捕まえるという行為が、人々にまるで祭りのような高揚感をもたらし、水行を挑発する。夜の森の斜面を、数百人の追っ手が懐中電灯や松明で照らしながら駆け降りてくる姿は圧巻だが、終盤になるとさらに群衆の姿が増していき、まるで巨大な獣のようになっていく。本作の迫力は、本物の群衆が生み出す力と、CGではなくアニマトロクス(ロボット)の水牛を組み合わせたものによるものなのだ。バリのケチャのような、人の声と打楽器を多用した音楽も印象的。

  • 2021年7月17日 より シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開

  • 配給:ダゲレオ出版
  • 製作国:インド(2019)
    • ジャンル:
    • スリラー/サスペンス
    • |
    • パニック
  • 公式サイトはこちら>>
上映スケジュール  (全国で4館)

■スタッフ

監督 リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ

■キャスト

俳優名 役名
アントニ・ヴァルギース 
チャンバン・ビノード・ジョーズ 
サーブモーン・アブドゥサマド 

愛がなんだ









ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!